ペットから害獣になる

男性

犬や猫などの動物をペットとして飼っている人は多く、最近では珍しい動物としてイタチやフェレットなどを飼っている人もいるのです。しかし、ペットとして買われている動物は飼い主の事情によって捨てられてしまうことがあり、それにより住処や食べ物を失ってしまうことで別の住宅の屋根裏や軒下などに住み着き、畑を荒らして食べ物を獲ようとするのです。そのため、現在では各地でイタチなどの害獣によって被害に遭う人が増えています。

イタチが屋根裏や軒下などに住み着くことで、食べ物を食べ散らかしたり、糞や尿などの排泄物を大量に溜め込んだりしてしまうのです。それにより、住処である屋根裏や軒下などから悪臭がしたり、天井にシミが出来たりといった被害が出てしまうのです。他にも、騒音やノミ・ダニといった被害なども出る可能性があるのです。このような被害が拡大する前にイタチ駆除を行なわなければなりません。イタチ駆除には専用の捕獲器が必要になりますが、準備するためには費用がかかってしまいます。また、素人の方が捕獲しようとすると捕まえる時に噛まれたり、怪我をしたりと二次被害になってしまう可能性もあるのです。このような事態を避けるためにもイタチ駆除の専門業者に依頼して駆除してもらうとよいでしょう。専門業者では捕獲のための道具もきちんと揃っており、怪我の心配もないため安心して駆除を任せることができます。プロの方にきちんとイタチ駆除をしてもらい被害拡大を防ぐようにしましょう。